2009年07月08日

We are the world

マイケル・ジャクソンの追悼式典でも奏でられた、あの名曲「We are the world」は、マイケル・ジャクソンが作詞・作曲したのですね。

「We are the world」は大好きで知っていましたが、作詞・作曲がマイケル・ジャクソンだったとは、初めて知りました。

マイケル・ジャクソンの呼びかけもあり、あのスター達が一堂に集まってこのとてつもないプロジェクトが完成し、世界の子供達を助けたのですねexclamation×2

マイケル・ジャクソンの偉大さを今になって、再認識させられました。

「We are the world」は今聞いても本当にいい曲で世界が一つになったような名曲です。

45名のアーティストが一堂に集まり、一枚のレコードによって世界の子供達の命を救った功績は、後世に語り継がれるであろう。

この「We are the world」は、一本の電話のベルから始まった。

1984年のクリスマス、アフリカ飢餓の現状をテレビで見ていたハリー・ベラフォンテが最初にダイヤルを回した。

呼びかけは、クインシー・ジョーンズ、マイケルジャクソン、ライオネル・リッチー、スティービー・ワンダー・・・・と次々に拡がっていった。

そして「USA for AFRICA」(United Support of Artists for AFRICA)が結成された。

レコード制作に要した直接費用は、75万ドルといわれている。もしアーティスト全員が出演料を要求したら天文学的数字となっていた。出演アーティストおよびスタッフの無料奉仕でこの「We are the world」はつくられたのである。


「自分の前、自分の後ろ、そして隣り、そのまた隣りから聞こえてくる声に感激したわ、何度も振り返って・・・声の主を確かめたい衝動にかられたの・・・」ダイアナ・ロス

「とにかく、あのコーラスのエネルギーはすごかった。指揮をしてて鳥肌がたってくるのを感じたよ。個人的損得を忘れた所からあんなパワーが生まれるものなんだ・・・」クインシー・ジョーンズ

「息子を大統領にした母親のような心境さ・・・マイケルと一緒に、この歌の生みの親になれたなんて・・・45人が一斉に声を出してくれた時は、震えが止まらなかったよ。」ライオネル・リッチー


こうして一枚のレコードは生まれた。それは、世界中の人々の心をつなぎ、食糧、薬品、物資となって飢えた子供達に届きました。一枚のレコードは、人々の魂を揺り動かし、行動に立ち上がらせ・・・確実に人の命を救っているのです。










人気ブログランキングへ soon banner_02.gif
ブログランキングくつろぐへ soon blu88x15_b.gif
にほんブログ村へ soon www80_15.gif
BlogPeople「自分/日記」ブログランキングへ soon
このサイトを登録してね soon by BlogPeople
blogramランキング参加中! soon blogram投票ボタン
posted by ベノイスト]W世 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。