2008年12月20日

class

classといえば、1993年にデビューシングル『夏の日の1993』で170万枚以上売り上げて一躍メジャーになった男性デュオグループ(津久井克行と日浦孝則)である。
懐かしいですね〜exclamation
あの頃は、カラオケに行くと必ず誰かが歌ってましたよね。

しかし、大ヒット曲は『夏の日の1993』だけだったような?
『Holiday』や『百万本の雨』など知っている曲もあるが、あまりにもデビューシングルがヒットしたためその後の印象が薄いですよねexclamation

そして1996年3月に解散してしまう。

その後はソロなどで音楽活動を続ける。

が、ついに2003年に再結成しclassとして音楽活動に入る。

そしてオリジナルアルバムやベストアルバムなどを発表する。

しかし、2008年4月に日浦孝則が脱退する。
脱退理由については、いろいろな憶測がとんでいるが、よくわかりません。

日浦に代わって、岡崎公聡が新たに加わる。
岡崎は、ゴルフクラブメーカーのティーティーオー鰍フ代表取締役という特異な経歴の持ち主だ。

そしてついに、2008年12月3日にシングル『冬の日の2009』を発売した。
『夏の日の1993』と同じメロディで新たな歌詞で作られている。
しかし、日浦が岡崎に代わっているということがわかりませんでした。
声も風ぼうもよく似ているので同一人物だと思っていました。
しかし意識して聞くとやはり声が違いますよね!

みなさんは、もう聴かれました?
『ダウンタウンDX』のエンディングテーマになっているので聴いてみてくださいexclamation

『夏の日の1993』と『冬の日の2009』どちらが好きですか?(どちらといってもメロディーが同じという事は、アレンジと歌詞それから声代わりしたぐらいですか?)


よければどちらがお好みか?コメント頂ければうれしいですexclamation×2







人気ブログランキングへ soon banner_02.gif
ブログランキングくつろぐへ soon blu88x15_b.gif
にほんブログ村へ soon www80_15.gif
BlogPeople「自分/日記」ブログランキングへ soon
このサイトを登録してね soon by BlogPeople
blogramランキング参加中! soon blogram投票ボタン
posted by ベノイスト]W世 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。