2008年11月26日

横浜三浦投手、横浜と最後の交渉

25日FA宣言した三浦投手が、横浜と最終交渉に臨んだ。

横浜は、既に条件面の交渉は終えているため、この日の交渉は、引き留め交渉で、今までもこれからも必要な選手ということで何とか残留を要望したようだ。

三浦投手は交渉後、横浜も阪神もどちらも誠意が感じられ必要とされているのが伝わったという。
ここですぐに決めることは出来ない、まだ五分五分ということだが、両チームとも来期の補強編成作業が変わってくるため、今月中には結論を出すという事だ。

本当に、今は五分五分の段階なんでしょうね!

FA宣言は選手に与えられた権利であり、権利行使して更に上を目指す事が出来る一つの手段である。
三浦投手の記事を読んでいると、横浜への愛着があり育ててもらった恩義もある、しかし他球団の評価も聞いてみたいという事で、阪神が真っ先に手を上げて交渉に進んだ。

阪神については、三浦投手が関西出身であるという事と、もともと阪神ファンであるということも言われているが、もちろん必要な選手なので、取りに行ったわけで、やはり三浦投手もすぐに結論は出せないだろうと思う。

でもやはりここまで来たら、阪神ファンとしては、阪神へ移籍して欲しいところです。(ドラフトでいきなりくじ運悪いことが露呈し、来期を見据える上においては、ここで三浦投手を獲得して来期への運気を上げたいものです。)

でもやっぱり、メジャー選手とは違って日本の選手は自分が育ててもらった球団に愛着があり、相当悩むのでしょうね!(井川は、別かも!)

横浜にも愛着と恩義があり恩返しがしたいという思いもあり、阪神で自分を試して優勝争いしたいという思いが絡み合っているのでしょうね。

こんな時に、レンタル制度みたいなものがあれば、いいですよね!
完全移籍ではなく、ある期間だけ他球団でプレーする。
このような制度があれば、選手も悩むことが減り、球団間に色々な選手が移動することで、選手球団の活性化と日本野球界にとってもファン獲得と楽しいプロ野球が目指せるのではないでしょうか?


阪神ファンは、三浦投手を信じて待つのみexclamation×2


人気ブログランキングへ soon banner_02.gif
ブログランキングくつろぐへ soon blu88x15_b.gif
にほんブログ村へ soon www80_15.gif
このサイトを登録してね soon by BlogPeople
ラベル:横浜 三浦 交渉 阪神
posted by ベノイスト]W世 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。